ファイルメーカー専門システム構築 - ヨナ・システム開発(九州・福岡)[受託開発]

Stacks Image 443

FileMaker Proをベースにした
システム受託開発
システム構成例
FileMaker 製品ファミリーを組み合わせることで、様々な構成のシステムを構築することが可能です。

福岡県内および近隣県の場合、
初回ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
Stacks Image 116
スタンドアロン
1台のマシンにFileMaker Proを導入し、常に1台のみで運用する形態です。運用するためには、FileMaker Proを別途購入する必要があります。FileMaker Proを購入することで、データベースファイルの編集が可能です。
Stacks Image 117
ランタイム版によるスタンドアロン
スタンドアロンと同様に、常に1台のみで運用しますが、ランタイム・アプリケーションで動作するため、FileMaker Proを購入する必要がありません。ランタイムアプリケーションでは、データの入力、編集、検索、ソートなど、データベースを利用することはできますが、フィールド、レイアウト、スクリプト等のデータベース構造を編集することはできません。
Stacks Image 118
クライアント/サーバー
サーバーマシンにFileMaker Serverを導入し、共有環境で運用する形態です。全てのクライアントマシンには、FileMaker Proがインストールされている必要があります。iPad、iPhoneからのアクセスには、FileMaker Goがインストールされている必要があります。FileMaker Proは、Mac版、Windows版ともにデータベース形式に完全な互換性があるため、Mac/Windows混在環境でも問題なく動作します。
WEB公開
FileMaker ServerのカスタムWebまたはインスタントWeb※機能を利用することで、FileMakerデータベースをWeb上に公開することが可能です。クライアントは、インターネット経由またはイントラネット内から、FileMaker ProがインストールされていないマシンからもWebブラウザでデータベースにアクセスできます。
※インスタントWeb機能を利用する場合は、FileMaker Server Advancedが必要です。
Stacks Image 119

SQLサーバとの連携
FileMaker ServerとSQLサーバをライブ接続※することが可能です。基幹システムのSQLサーバのデータをそのまま利用しつつ、フロントエンドをより柔軟なFileMakerで開発することで、入力画面等のインターフェイス、各種レポートを簡単に編集し運用することが可能です。
※ライブ接続可能なSQLサーバは次のとおりです。下記以外のSQLサーバの場合は、ODBC経由でのインポート/エクスポートが可能です。
Stacks Image 120
  • MS SQL Server 2000
  • MS SQL Server 2005
  • MS SQL Server 2008
  • Oracle 9i
  • Oracle 10g
  • Oracle 11g
  • MySQL 5.0 Community Edition
  • My SQL 5.1 Community Edition
開発料金について
受託開発の場合、下記の料金が必要となります。
  • データベースファイル開発料金
  • ソフトウエア購入料金
Stacks Image 121
データベースファイル開発料金
データベースを運用するための入れ物としてのデータベースファイルを構築する料金です。お客様のご要望に応じてお見積もりさせていただきます。
Stacks Image 122
ソフトウエア購入料金
データベースを運用するために必須となる、FileMaker Pro、FileMaker Server、FileMaker Go等のソフトウエアをお買い上げいただく料金です。ランタイム版での運用の場合は、必要ありません。必要に応じて、FileMaker の機能を拡張するため、サードパーティ製のプラグインをご購入いただく場合もございます。
お問い合わせから運用開始までの流れ
Stacks Image 123
対応環境
FileMaker バージョン
新規構築の場合は、基本的に最新版のFileMakerバージョンにて開発いたします。お客様のご要望により下記バージョンに限り開発を行う場合もございます。
  • FileMaker Pro 10
  • FileMaker Pro 11
  • FileMaker Pro 12
  • FileMaker Pro 13
  • FileMaker Pro 14
※FileMaker Pro 9以前のバージョンは、ファイルメーカー社のテクニカルサポートが終了しておりますので、受託開発の対象からは除外させていただいております。

旧バージョンから最新環境への移行サポートにつきましては、過去全てのバージョンについて対応しております。こちらをご覧下さい。

OS環境
開発環境として、下記の環境に対応いたします。運用環境は、各FileMakerバージョンの推奨動作環境に準じます。
  • Windows 7
  • Windows 8
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2008 R2 SP1 (64 Bit)
  • Windows Server 2012 Standard Edition (64 Bit)
  • Mac OS X 10.7 Lion
  • Mac OS X 10.8 Mountain Lion
  • Mac OS X 10.9 Mavericks
  • Mac OS X 10.10 Yosemite
Stacks Image 525
弊社は、ファイルメーカー社の主催する、FileMaker Business Alliance のメンバーです。

お問い合わせはこちらから

お電話によるお問い合わせ
092-403-7422
9:30?17:30(土日・祝日を除く)

その他のサービス